カーニバル

老人福祉施設に入所している女性に、デュークという名の男性がノートに書かれた物語を読み始める。1940年6月6日、17歳で裕福な家庭のアリーはサウスカロライナ州シーブルックのカーニバルで友人と遊んでいる。アリーに一目ぼれした材木工場で働くノアは、アリーの乗る観覧車に飛び乗って無理やりデートの約束をする。だが後日、アリーはデートの約束をなかったことにする。

本当に好きなこと

友人に映画に誘われたノアはアリーと再会する。映画の後、ノアとアリーは2人で歩いて帰る。親の言いつけを聞いて習い事などで忙しい日々を過ごすアリーは、ノアから本当に好きなことを聞かれて「絵を描くこと」と答える。2人は車が来るかもしれない路上に一緒に寝転がり、音楽の流れていない路上でダンスを踊る。

夏の恋

何もかも正反対なノアとアリーだったが愛し合うようになり、夏を一緒に過ごす。アリーはノアの父親にも気に入られ、ノアが詩を読むことを知る。ノアとの関係を知ったアリーの父は、週末のパーティにノアを呼ぶ。そこでノアは夏が終わるとアリーはニューヨークの大学に通うことを知る。アリーの両親はひと夏の恋で終わると考えている。
シーン 1

「君が鳥なら、僕も鳥だ」

1940年6月6日、カーニバルで見かけたアリーにノアは一目ぼれする。アリーの乗る・・・観覧車に飛び乗って無理やりデートの約束をしたノアだったが、後日アリーはデートの約束をなかったことにする。「君が望むものなら何にだってなる」と語り、アリーと親しくなろうとするノア。友人たちの計らいで一緒に映画を見たノアとアリーは、車道で寝転が・・・

廃屋

ある夜、ノアはアリーを川べりの大きな廃屋に連れて行く。いつか廃屋を買い取って改築すると話すノアに、アリーは絵を描くアトリエを作って欲しいと話す。2人は初めて体を重ねようとするが、ノアの友人のフィンがやって来て、アリーの両親が警察を呼んでアリーを探させていることを伝える。アリーは家に戻り、両親からノアと会うことを禁止される。話を聞いていたノアはアリーとケンカになる。アリーはノアに別れを告げるが、すぐに後悔する。
シーン 2

ケンカ別れ

1940年の夏、シーブルックで出会ったノアとアリーは恋に落ちる。何もかも正反対な・・・ノアとアリーだったが互いに愛し合う。だが、夏の終わりが来たら、メアリーはニューヨークの大学に進学して離ればなれとなってしまうことが分かっていた。ある夜、ノアはアリーを川べりの大きな廃屋に連れて行く。そこで初めて体を重ねようとした2人だったが・・・

365通の手紙

仲直りしようとするアリーだったが、翌朝両親と一緒にシーブルックを離れて自宅に戻ることになる。アリーはフィンにノアへの思いをことづけする。ノアはアリーに宛てた手紙を1年間毎日送るものの、アリーの母親が手紙をアリーに見せない。返事が来ないまま1年がたち、諦めたノアはフィンと第二次大戦に従軍する。フィンは戦闘で亡くなってしまう。

改築

負傷兵の世話のボランティアをしていた大学生のアリーは、ケガをした兵士のロンと知り合う。大富豪の息子であるロンとアリーはつき合うようになり、やがて婚約する。一方、ノアは戦地から戻り、以前にアリーと訪れた廃屋を買い取る。チャールストンでアリーとロンがキスをする姿を目撃したノアは、廃屋がきれいになればアリーが戻ってくるという考えに取りつかれる。改築は完了するがアリーは戻らない。ノアは戦争で夫を失ったマーサと体を重ねるものの、マーサを愛することはできない。

再会

ロンとの結婚式用のウェディング・ドレスを試着したアリーは、改築を終えたノアの写真を新聞記事で見る。結婚式の前に気持ちの整理をしようと、アリーはノアの改築した屋敷を訪ね、2人は再会する。一緒に夕食を食べながら、ロンと結婚をすることを話すアリー。ノアは、見せたい場所があるため、明日の朝に訪ねてくるように頼む。

認知症

老人福祉施設でデュークから話を聞いているのは年老いたアリーだった。認知症でノアとの記憶を失っているアリーは、以前にも話を聞いたことがあると語る。デュークの子どもや孫たちが面会にやってくる。アリーは初対面と思ってあいさつするが、アリーとデュークの子どもや孫たちだった。アリーに記憶を戻させようと、デュークはアリーに物語を読み聞かせているのだった。

再燃

(過去に戻って)翌朝、ノアはアリーをボートに乗せて湖に向かう。そこに大雨が降ってくる。びしょぬれになった2人が岸に戻ってくる。アリーはノアが手紙をくれなかった理由を聞き、ノアは365通の手紙を出したことを話す。2人はキスをし、情熱的に愛し合う。翌朝、マーサが訪ねてくる。アリーやノアと1日を過ごしたマーサは、「また人を愛することができそう」とノアに語る。
シーン 3

びしょぬれのキス

ノアとアリーが別れてから7年が経過していた。戦地から戻ってきたノアは、アリーとの・・・思い出の廃屋を改築すればアリーが戻ってくるという考えに囚われる。一方のアリーは、ロンという男性と婚約し、結婚式を間近に控えていた。ある日、新聞で廃屋を改築したノアの写真を見つけたアリーは、気持ちの整理をつけるためにノアの元を訪れる。 ノア・・・

アリーの選択

翌日、アリーの母親がアリーの元に現れる。アリーの母親は、嫌がるアリーにロンの元に戻るように話し、アリーを車で採石場に連れて行く。そして、採石場で働く男性とかつて恋をして駆け落ちしたものの連れ戻された過去を語る。正しい選択をするようにアリーに告げ、ノアの書いた365通の手紙をアリーに渡す。アリーはロンの元に戻ると告げ、ノアとケンカになる。ノアはアリーに、他人の気持ちは考えず、自分が望むことを考えるように話す。アリーは車でロンの元に向かい、途中でノアが書いた手紙を読む。ロンと話をしたあと、アリーはノアの元へと戻ってくる。
シーン 4

アリー自身の望みを考えるように語るノア

別れてから7年が経過したあと、思い出の屋敷で再会したノアとアリー。別れたあとも互・・・いを思っていたことを知った2人は、激しく愛し合う。だがアリーにはロンという婚約者がいた。アリーの母親が屋敷に現れ、アリーにロンの元に戻るように話す。さらに、母親はアリーを車で採石場に連れて行き、採石場で働く男性とかつて恋をして駆け落ちしたも・・・
シーン 5

ノアからアリーに宛てた手紙

7年の時を経て、ノアと再会したアリー。2人は再び激しく愛し合うものの、アリーは婚・・・約者のロンの元に戻ろうとする。アリーとノアは口論になる。ノアはアリーを愛していることを告げるが、アリーは婚約者のロンや家族のことを考えて戻るという。そんなアリーに、ノアはアリー自身がどうしたいかを考えて決めるように話す。 ロンの元に戻るア・・・

記憶が戻る

老人福祉施設でデュークから話を聞き終えたアリーは、話に出てきたアリーは自分のことで、目の前にいるデュークがノアであることを思い出す。アリーとノアはダンスを踊り、記憶がよみがえったことを喜び合うが、すぐにアリーは再びノアのことを忘れてしまう。興奮したアリーは医者に鎮静剤を注射される。その様子をノアは涙ながらに見守る。そして、ノアが読み聞かせた物語は、アリーが書いたものであることが明かされる。

2人の愛

ノアが心臓発作を起こして病院に運ばれる。しばらくして退院したノアは再び老人福祉施設に戻ってくる。夜中にこっそりと規則を破ってアリーの元を訪ねるノアのために、女性の看護師はナースステーションを空にしてやる。ノアに起こされたアリーは、ノアのことを思い出している。アリーはノアに「2人の愛は一緒に往かせてくれるかしら?」と問い、ノアは「望むことなら何でもできる」と答える。手をつないで眠る2人。翌朝、女性の看護師は手をつないだまま息を引き取ったアリーとノアを見つける。
シーン 6

「おやすみ。また会おうね」

認知症となって過去の記憶を失ってしまったアリー。そんなアリーを愛する夫のノアは、・・・かつての自分たちのラブ・ストーリーを語り聞かせていた。そのおかげで記憶を取り戻したアリーだったが、数分後には再びノアが誰かが分からなくなってしまう。ショックを受けたノアは、心臓発作を起こしてしまう。病院からアリーのいる老人ホームに戻ってきた・・・

シーン 1 きみに読む物語

「君が鳥なら、僕も鳥だ」

1940年6月6日、カーニバルで見かけたアリーにノアは一目ぼれする。アリーの乗る・・・観覧車に飛び乗って無理やりデートの約束をしたノアだったが、後日アリーはデートの約束をなかったことにする。「君が望むものなら何にだってなる」と語り、アリーと親しくなろうとするノア。友人たちの計らいで一緒に映画を見たノアとアリーは、車道で寝転が・・・
シーン 2 きみに読む物語

ケンカ別れ

1940年の夏、シーブルックで出会ったノアとアリーは恋に落ちる。何もかも正反対な・・・ノアとアリーだったが互いに愛し合う。だが、夏の終わりが来たら、メアリーはニューヨークの大学に進学して離ればなれとなってしまうことが分かっていた。ある夜、ノアはアリーを川べりの大きな廃屋に連れて行く。そこで初めて体を重ねようとした2人だったが・・・
シーン 3 きみに読む物語

びしょぬれのキス

ノアとアリーが別れてから7年が経過していた。戦地から戻ってきたノアは、アリーとの・・・思い出の廃屋を改築すればアリーが戻ってくるという考えに囚われる。一方のアリーは、ロンという男性と婚約し、結婚式を間近に控えていた。ある日、新聞で廃屋を改築したノアの写真を見つけたアリーは、気持ちの整理をつけるためにノアの元を訪れる。 ノア・・・
人物 1 きみに読む物語

ノア・カルフーン

俳優:ライアン・ゴズリング ノア・カルフーンは、材木工場で働く青年である、映画「きみに読む物語」の登場人物。・・・アメリカ南部のシーブルックに父と2人で住んでいる。幼い時は吃音の持ち主だったが、詩を朗読することで克服した。その影響で今でも詩の朗読を続けており、ホイットマンがお気に入りの詩人。材木工場で働いており、時給は40セント。同僚のフィンと親しい。・・・
人物 2 きみに読む物語

アリー・ハミルトン

俳優:レイチェル・マクアダムス アリー・ハミルトンは、ノア・カルフーンと恋に落ちる恋に落ちる女性である、映画「き・・・みに読む物語」の登場人物。「アリー」は「アリソン」のニックネーム。裕福な家庭に育ち、数学、ラテン語、テニス、ダンス、フランス語、ピアノ、読書といった親に決められたスケジュールをこなすのに忙しい日々を送っていた。好きなことは絵を描くこと。親の・・・
人物 3 きみに読む物語

デューク

俳優:ジェームズ・ガーナー デュークは、アリーに物語を読んで聞かせる男性である、映画「きみに読む物語」の登場・・・人物。心臓に持病があり、1年半のうちに2度の発作を起こしていた。老人ホームに入所し、アリーとノアの恋愛物語を年老いたアリーに読み聞かせる。実はノアの年老いた姿であり、認知症のアリーに自分や過去の出来事を思い出させるために、何度も読み聞かせて・・・
セリフ・名言 1 きみに読む物語

デューク(ナレーション)「1つだけ他の誰にも負けなかったことがある。1人の女性を全身全霊で愛した。私にはそれで十分だ」

0:03:15頃 老人ホームに入所し、アリーという名の入所者にラブ・ストーリーを・・・読み聞かせるデュークが、自分について語る言葉。このあとデュークは、1人の女性を全身全霊で愛し、そして今でも愛していることが描かれていく。 ・・・
セリフ・名言 2 きみに読む物語

ノア「もう1回お願いするよ。僕とデートするのかしないのか?手がすべりそうだ」

0:07:40頃 1940年6月6日。シーブルックの町のカーニバルで、若き日のノ・・・アはアリーに一目ぼれする。声をかけるものの相手にされないノアは、アリーが男性と乗る観覧車に強引に飛び乗り、無理やりデートの約束を取りつけるのだった。 ・・・
セリフ・名言 3 きみに読む物語

ノア「君が望むなら陽気にもなるし、哀愁を漂わせた男にもなる。ダンサーにだってなるさ。君が望むものなら何でも」

0:10:00頃 カーニバルでアリーに一目ぼれしたノアは、強引にデートの約束を取・・・りつける。だが、次にアリーと会った時にはデートの約束をはぐらかされてしまう。そんなノアは、アリーに近づこうと必死にアピールするのだった。 ・・・
音楽 1 きみに読む物語

I'll Be Seeing You

「I'll Be Seeing You」は、1938年のブロードウェイ・ミュージ・・・カルで使われ、1944年には映画「戀の十日間」(1944)で使われた曲。「きみに読む物語」では、ビリー・ホリデイが歌うバージョンが、ノアとアリーが路上でダンスをするシーンで使われている(0:17:50頃)。また、数分だけアリーが記憶を取り戻・・・
音楽 2 きみに読む物語

Alabamy Home

「Alabamy Home」は、デューク・エリントンとデイヴ・リングルによる19・・・37年の曲。「きみに読む物語」では、仲良くなったアリーとノアが楽しく夏を過ごすシーンで使われている(0:19:20頃)。 ・・・
音楽 3 きみに読む物語

前奏曲 第4番(ショパン)

前奏曲 第4番は、フレデリック・ショパンによって作曲されたピアノ曲。「きみに読む・・・物語」では、廃屋に置かれたピアノでアリーが弾く(0:31:20頃)。その後、老人ホームのピアノでアリーが弾く(1:09:10頃)。 ・・・
キーワード 1 きみに読む物語

評価、興行収入、原作

「きみに読む物語」は、ニコラス・スパークスによるベストセラー小説の映画化作品であ・・・る。MTVムービー・アワードのキス・シーン賞を受賞した他、主演女優賞(レイチェル・マクアダムス)にノミネートされるなどの評価を受けた。興行的には北米で8,000万ドル、世界で1.1億ドルを超えるヒットとなった。 ・・・
キーワード 2 きみに読む物語

認知症

「きみに読む物語」は、年老いて認知症を患ったアリーの記憶を取り戻そうと、夫のノア・・・(デューク)がかつての自分たちのラブ・ストーリーを読み聞かせる形で物語が進む。アリーは読み聞かせてくれる男性が物語に登場するノアであることも、ノアが夫であることも忘れている。さらには、訪ねてきた子どもや孫たちが自分の子供や孫たちでもあること・・・
キーワード 3 きみに読む物語

ノート、物語

ノア(デューク)は、ノートに書かれた若き日の自分とアリーの物語を認知症となったア・・・リーに読み聞かせることで、アリーの記憶をよみがえらせようとする。何度もアリーに読み聞かせているが、アリーは物語を覚えていない。だが、ある日読み聞かせた時には、アリーは何度も聞かせてくれたことを思い出す。 映画の後半では、物語をノートに書い・・・
新着コンテンツ