登場人物・キャスト パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

ヘクター・バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)

重要な部分に触れている場合があります。

ヘクター・バルボッサは、ジャックを助け出すために復活した船長である、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」の登場人物。1作目の「呪われた海賊たち」で、ジャックによって殺されていた。だが、ティア・ダルマによって復活したことが、前作「デッドマンズ・チェスト」の終わりで描かれていた。海賊長の評議会を開いて海の女神カリプソを復活させることで、ベケットたちの影響力を排除しようと考えており、そのために評議会の一員であるジャックを助け出そうとする。

ジャックを助け出すために、エリザベスとともにシンガポールの海賊であるフェンの元を訪れ、船と乗組員の協力を求める。だが、海図を盗もうとしたウィルが捕らえられたことから、フェンの一味と格闘になる。デイヴィ・ジョーンズの墓場へ行くためには海で迷うことが必要と考え、迷った末に巨大な滝に飲み込まれ、墓場に到達する。

ティア・ダルマが海の女神カリプソの人間の姿であることに気づいており、牢屋に入れておく。評議会では司会を務め、カリプソの復活を提案する。ベケットの軍との対決の前に、ティア・ダルマをカリプソに戻す儀式を行うものの、カリプソは大量のカニになっていなくなってしまい、海賊たちの味方をしてくれない。ブラックパール号に乗り、渦巻きに飲み込まれながらのダッチマン号との戦いに挑む。戦いの途中でウィルとエリザベスを結婚させる。

海賊たちの勝利に終わった後、「生命の泉」を求めて、ジャックからブラックパール号を奪って出港する。だが、生命の泉の場所が書かれた海図の肝心の部分が、ジャックに切り取られていることに気づく。

キャスト

ヘクター・バルボッサを演じているのは、オーストラリアの俳優であるジェフリー・ラッシュ。当時56歳頃。これまでに引き続きヘクター・バルボッサを演じている。同時期の出演作には、「エリザベス:ゴールデン・エイジ」(2007)、「キャンディ」(2006)などがある。

関連項目

セリフ・名言 5 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

バルボッサ「見つけるためには迷う必要があるのさ。そうじゃなきゃ、みんな見つけちまう」

0:30:45頃 ジャックがいるデイヴィ・ジョーンズの墓場を探すバルボッサたち。・・・だが、ジョーンズの墓場の場所はさっぱりわからない。そんな状況についてのバルボッサの言葉。バルボッサの言葉通り、海に迷った船は謎の滝に落ち、ジョーンズの墓場に到着する。・・・
セリフ・名言 21 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

バルボッサ「死の日のために、我らは生きよう!」

2:04:00頃 ブラックパール号は、フライング・ダッチマン号との一騎打ちとなる・・・。渦巻きに巻き込まれるなか、ブラックパール号の舵を取ったバルボッサの言葉。このあと、ブラックパール号とダッチマン号は、互いの船に船員が乗り込んでの激闘となる。・・・
セリフ・名言 24 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

バルボッサ「とにかくキスだ!」

2:13:00頃 戦いが繰り広げられるブラックパール号の船上で、剣で戦いながらエ・・・リザベスに求婚したウィル。2人は、船長のバルボッサに結婚の宣言を頼むが、バルボッサも敵と戦っている。正式な言葉を言う余裕がないバルボッサは、とにかく2人にキスをさせる。・・・
キーワード 2 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

伝説の海賊、評議会、難破船入江

世界には“伝説の海賊”と呼ばれる9人の海賊長がいるという設定となっている。ジャッ・・・ク・スパロウ、ヘクター・バルボッサも伝説の海賊の1人。他の伝説の海賊は、サオ・フェン(死後はエリザベス・スワン)、キャプテン・シュヴァル、ミストレス・チン、アモンド・ザ・コルセア、ジェントルマン・ジョカルト、エドゥアルド・ビジャヌエバ、スン・・・
キーワード 3 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

ブラックパール号、フライング・ダッチマン号、エンデヴァー号、エンプレス号

「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」には、次のような船が登場する。・・・ ■ブラックパール号 前作「デッドマンズ・チェスト」でクラーケンに飲み込まれていた。デイヴィ・ジョーンズの墓場で、陸に打ち上げられている。大量のカニが現れて海まで運んでいく。その後、ジャックとバルボッサの間で船長の座を巡ってもめる。クライ・・・

その他の「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」の登場人物・キャスト

人物 5 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

サオ・フェン

俳優:チョウ・ユンファ サオ・フェンは、シンガポールを拠点とする海賊である、映画「パイレーツ・オブ・カリ・・・ビアン/ワールド・エンド」の登場人物。9人の「伝説の海賊」の1人。顔には大きな傷があり、なまずヒゲをたくわえている。かつてジャックにコケにされた過去がある。船長を務める船の名前はエンプレス号。シンガポールのアジトでは、蒸気を浴びることができ・・・
人物 6 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

デイヴィ・ジョーンズ

俳優:ビル・ナイ デイヴィ・ジョーンズは、フライング・ダッチマン号の船長である、映画「パイレーツ・・・・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」の登場人物。前作「デッドマンズ・チェスト」で心臓を手に入れたベケットの命令に従わざるを得ない状況にある。そのため、ベケットの命令により、自らの力を源泉だったイカの怪物クラーケンを殺す。前作よりも魚介類の姿・・・
人物 7 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

カトラー・ベケット

俳優:トム・ホランダー カトラー・ベケットは、東インド貿易会社の実力者である、映画「パイレーツ・オブ・カ・・・リビアン/ワールド・エンド」の登場人物。前作「デッドマンズ・チェスト」でデイヴィ・ジョーンズの心臓を手に入れたことから、ジョーンズが船長を務めるフライング・ダッチマン号を使って、多くの海賊たちを倒す。さらには、海賊に味方する多くの者を絞首刑・・・
人物 8 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

ジェームズ・ノリントン

俳優:ジャック・ダヴェンポート ジェームズ・ノリントンは、ベケットの部下としてフライング・ダッチマン号に乗船して・・・いる男性である、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」の登場人物。元はイギリス海軍の士官だったが、落ちぶれていた。だが、前作「デッドマンズ・チェスト」で、デイヴィ・ジョーンズの心臓を手に入れたことにより、ベケットの部下となっ・・・
人物 9 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

ビル・ターナー

俳優:ステラン・スカルスガルド ビル・ターナーは、ウィルの父である、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・・・・エンド」の登場人物。永遠の命を得た代わりに、フライング・ダッチマン号で囚われて働いている。徐々に魚介類に体を侵食され、最後には船の一部となる運命にある。顔には大きなヒトデが貼りついている。 エリザベスがダッチマン号の牢屋に入れられた時に・・・
ストーリー パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

ストーリー・あらすじ紹介

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドのストーリー・あらすじ紹介。
セリフ・名言 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

セリフ紹介

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドのセリフ紹介。
音楽 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

音楽紹介

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドの音楽紹介。
キーワード パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

キーワード紹介

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドのキーワード紹介。
シャーロック・ホームズ
  • 作品

シャーロック・ホームズ

公開年
2009年
製作国
アメリカ
監督
ガイ・リッチー
出演
ロバート・ダウニー・Jr、ジュード・ロウ、レイチェル・マクアダムス、マーク・ストロング
グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち

公開年
1997年
製作国
アメリカ
監督
ガス・ヴァン・サント
出演
ロビン・ウィリアムズ、マット・デイモン、ベン・アフレック、ミニー・ドライヴァー
スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
  • 作品

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃

公開年
2002年
製作国
アメリカ
監督
ジョージ・ルーカス
出演
ユアン・マクレガー、ヘイデン・クリステンセン、ナタリー・ポートマン、クリストファー・リー
キック・アス
  • 作品

キック・アス

公開年
2010年
製作国
アメリカ、イギリス
監督
マシュー・ヴォーン
出演
アーロン・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、ニコラス・ケイジ
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
  • 作品

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

公開年
2011年
製作国
アメリカ
監督
ブラッド・バード
出演
トム・クルーズ、ポーラ・パットン、サイモン・ペッグ、ジェレミー・レナー、ミカエル・ニクヴィスト
コクリコ坂から
  • 作品

コクリコ坂から

公開年
2011年
製作国
日本
監督
宮崎吾朗
出演
(声)長澤まさみ、岡田准一、風間俊介、大森南朋、石田ゆり子、香川照之、竹下景子
新着コンテンツ