登場人物・キャスト パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

サオ・フェン(チョウ・ユンファ)

重要な部分に触れている場合があります。

サオ・フェンは、シンガポールを拠点とする海賊である、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」の登場人物。9人の「伝説の海賊」の1人。顔には大きな傷があり、なまずヒゲをたくわえている。かつてジャックにコケにされた過去がある。船長を務める船の名前はエンプレス号。シンガポールのアジトでは、蒸気を浴びることができる仕組みを整えている。バルボッサからは、「自分からフェアプレイ精神と情けを取ったような男」と評されている。

ジョーンズの墓場にいるジャックを助けようとするバルボッサとエリザベスの訪問を受ける。だが、海図を盗み出そうとしたウィルを捕まえていたことから、バルボッサたちと戦いになる。そこに、ベケットの軍隊が襲撃し、アジトが破壊される。混乱の中で、ブラックパール号の船長の座と海図をウィルに渡す代わりに、ウィルからはベケットとの面会のセッティングとジャックの引き渡しを約束される。

ウィルたちがジャックを助け出したあとに、一行が立ち寄った島に現れる。ウィルから約束通りにジャックを引き渡される、ブラックパール号を渡す約束を破る。だが、ベケットとのブラックパール号を引き渡してもらう約束は守られず、海の女神カリプソを復活させてベケットたちを追い払うというバルボッサの考えに乗る。

エリザベスをカリプソが人間となった姿と勘違いし、エンプレス号に連れて行く。エリザベスにキスを迫るものの、唇を噛まれてしまう。そこにダッチマン号の攻撃を受け、折れた木材が胸を貫通して死ぬ。死ぬ前に、エリザベスに船長の証であるヒスイの首飾りを渡し、船長の座を譲る。

キャスト

サオ・フェンを演じているのは、香港(中国)の俳優であるチョウ・ユンファ。当時52歳頃。「男たちの挽歌」(1986)などで知られる。同時期の出演作には、「チルドレン・オブ・ホァンシー 遥かなる希望の道」(2008)、「王妃の紋章」(2006)などがある。

関連項目

セリフ・名言 1 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

フェン「海賊がもうける方法1つだけしかなくなったようだ。他の海賊を裏切ることだ」

0:13:35頃 デイヴィ・ジョーンズの心臓を手にし、フライング・ダッチマン号を・・・使って海賊たちの壊滅に突き進むベケット。海賊たちには懸賞金がかけられる。そんな状況について、シンガポールの海賊長のフェンが、もう1人の海賊長であるバルボッサに語る言葉。・・・
セリフ・名言 2 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

フェン「俺がスパロウを死の国から戻したい理由はただ1つ。この手でスパロウを死の国に送り返すためだ!」

0:15:10頃 前作でクラーケンに食べられたジャックは、デイヴィ・ジョーンズの・・・墓場にいた。バルボッサたちはジャックを救い出そうとしていた。そのことを知ったフェンの言葉。フェンはかつてジャックにコケにされたことがあったのだった。・・・
キーワード 2 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

伝説の海賊、評議会、難破船入江

世界には“伝説の海賊”と呼ばれる9人の海賊長がいるという設定となっている。ジャッ・・・ク・スパロウ、ヘクター・バルボッサも伝説の海賊の1人。他の伝説の海賊は、サオ・フェン(死後はエリザベス・スワン)、キャプテン・シュヴァル、ミストレス・チン、アモンド・ザ・コルセア、ジェントルマン・ジョカルト、エドゥアルド・ビジャヌエバ、スン・・・
キーワード 3 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

ブラックパール号、フライング・ダッチマン号、エンデヴァー号、エンプレス号

「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」には、次のような船が登場する。・・・ ■ブラックパール号 前作「デッドマンズ・チェスト」でクラーケンに飲み込まれていた。デイヴィ・ジョーンズの墓場で、陸に打ち上げられている。大量のカニが現れて海まで運んでいく。その後、ジャックとバルボッサの間で船長の座を巡ってもめる。クライ・・・
キーワード 7 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

シンガポール

サオ・フェンは、シンガポールを拠点とした海賊である。フェンのアジトでは、蒸気を発・・・生させる装置が整っており、フェンが頻繁に蒸気を出すように手下に命じる。ベケットの軍隊によって、アジトは破壊されてしまう。 シンガポールのセットは、18世紀の中国とマレーシアの都市を参考にして作られているという。・・・

その他の「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」の登場人物・キャスト

人物 6 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

デイヴィ・ジョーンズ

俳優:ビル・ナイ デイヴィ・ジョーンズは、フライング・ダッチマン号の船長である、映画「パイレーツ・・・・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」の登場人物。前作「デッドマンズ・チェスト」で心臓を手に入れたベケットの命令に従わざるを得ない状況にある。そのため、ベケットの命令により、自らの力を源泉だったイカの怪物クラーケンを殺す。前作よりも魚介類の姿・・・
人物 7 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

カトラー・ベケット

俳優:トム・ホランダー カトラー・ベケットは、東インド貿易会社の実力者である、映画「パイレーツ・オブ・カ・・・リビアン/ワールド・エンド」の登場人物。前作「デッドマンズ・チェスト」でデイヴィ・ジョーンズの心臓を手に入れたことから、ジョーンズが船長を務めるフライング・ダッチマン号を使って、多くの海賊たちを倒す。さらには、海賊に味方する多くの者を絞首刑・・・
人物 8 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

ジェームズ・ノリントン

俳優:ジャック・ダヴェンポート ジェームズ・ノリントンは、ベケットの部下としてフライング・ダッチマン号に乗船して・・・いる男性である、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」の登場人物。元はイギリス海軍の士官だったが、落ちぶれていた。だが、前作「デッドマンズ・チェスト」で、デイヴィ・ジョーンズの心臓を手に入れたことにより、ベケットの部下となっ・・・
人物 9 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

ビル・ターナー

俳優:ステラン・スカルスガルド ビル・ターナーは、ウィルの父である、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・・・・エンド」の登場人物。永遠の命を得た代わりに、フライング・ダッチマン号で囚われて働いている。徐々に魚介類に体を侵食され、最後には船の一部となる運命にある。顔には大きなヒトデが貼りついている。 エリザベスがダッチマン号の牢屋に入れられた時に・・・
人物 10 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

ティア・ダルマ

俳優:ナオミ・ハリス ティア・ダルマは、バルボッサを復活させたブードゥー教の魔術師である、映画「パイレ・・・ーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」の登場人物。前作「デッドマンズ・チェスト」で、ジャックを助けるために、死んだバルボッサをこの世に復活させた。バルボッサたちとともに、ジャックを探す船に乗る。 正体は海の女神カリプソである。カリプソ・・・
ストーリー パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

ストーリー・あらすじ紹介

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドのストーリー・あらすじ紹介。
セリフ・名言 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

セリフ紹介

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドのセリフ紹介。
音楽 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

音楽紹介

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドの音楽紹介。
キーワード パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

キーワード紹介

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドのキーワード紹介。
シャーロック・ホームズ
  • 作品

シャーロック・ホームズ

「シャーロック・ホームズ」は、コナン・ドイルの有名な小説に登場する名探偵シャーロ・・・ック・ホームズの活躍を描いた作品。ストーリーはオリジナルである。鹿撃ち帽をかぶった伝統的なホームズ像を打ち破ったホームズとなっており、ワトソンもこれまでのステレオタイプから離れた活動的な人物として描かれている。ホームズをロバート・ダウニー・・・・
グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち

「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」は、天才的頭脳を持っているものの、孤児と・・・して育った時の肉体的虐待がトラウマになっているウィル・ハンティングが、精神科医のショーン・マグワイアやチャッキーを始めとした友人たち、恋人のスカイラーとの交流を通じて変化していく姿を描いた作品。 ウィルを演じたマット・デイモンと、チャッキ・・・
スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
  • 作品

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃

「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」は、「スター・ウォーズ」シリー・・・ズの実写映画版の第5作で、アナキン・スカイウォーカー(後のダース・ベイダー)を描く新三部作の2作目。青年に成長したアナキンとパドメの恋愛、ドゥークー伯爵率いる分離主義勢力とジェダイとの戦いなどが描かれる。 前作「ファントム・メナス」(19・・・
キック・アス
  • 作品

キック・アス

「キック・アス」は、同名コミックの映画化作品。スーパーヒーローに憧れる普通の高校・・・生であるデイヴが、通販で買った緑色のコスチュームを身に着けて「キック・アス」として活躍する姿を描く。 少女のヒット・ガールによるバイオレンス描写や、スラングの使用から、大手の映画会社では予算が出ず、監督のマシュー・ヴォーン自らが資金を調達・・・
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
  • 作品

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」は、トム・クルーズがIMF(・・・インポッシブル・ミッション・フォース)のエージェントであるイーサン・ハントを演じる「ミッション:インポッシブル」シリーズの第4作。タイトルの「ゴースト・プロトコル」とは、組織を存在しないもの(ゴースト)として扱う規定(プロトコル)のこと。I・・・
コクリコ坂から
  • 作品

コクリコ坂から

「コクリコ坂から」は、佐山哲郎原作、高橋千鶴作画による漫画をアニメ映画化した作品・・・。スタジオ・ジブリによって制作され、宮崎駿の息子である宮崎吾朗が「ゲド戦記」に続いて監督を担当した。宮崎駿は製作と脚本を担当している。原作からは大きく改変されている。 1963年の横浜。部室棟カルチェラタンの解体に揺れる港南学園を舞台に、・・・
新着コンテンツ