登場人物・キャスト X-MEN

プロフェッサーX/チャールズ・エグゼビア(パトリック・スチュワート)

重要な部分に触れている場合があります。

X-Men (2000) Trailer #1 | Movieclips Classic Trailers

プロフェッサーX/チャールズ・エグゼビアは、ミュータントでX-MENのリーダーである、映画「X-MEN」の登場人物。歩けないため特製の車イスを使用している。強力なテレパシー能力を持ち、他人の心を読んだり、相手の意志を操作したり、記憶を消したりできる。人類とミュータントの共存を目指し、ミュータントの子どもたちを育てる「恵まれし子らの学園」を運営している。人間との戦いを予期しているマグニートーと対立する。

マグニートーがウルヴァリンを誘拐しようとしたことに気づき、サイクロップスとストームに救出させる。マグニートーの意図を探るためにウルヴァリンに協力を求め、代わりにウルヴァリンの失われた過去についてのヒントの提供を約束する。マグニートーがローグを連れ去ろうとした時には、マグニートーの横にいるトードとセイバートゥースの意識を操って止めようとする。だがマグニートーが取り囲む多くの警官を殺そうとしたことから、マグニートーを逃がす。

マグニートーによってミュータントにされたケリー上院議員の記憶を読み、マグニートーが特殊な放射線で人間をミュータントに変えようとしていることを知る。マグニートーを止めるために「セレブロ」を使ってローグの居場所を突き止めようとするが、ミスティークが「セレブロ」で使われている液体に毒を混ぜたために昏睡状態に陥る。マグニートーの試みが止められたあとに目覚め、ウルヴァリンに過去を知るヒントがカナダにあることを教える。

・17歳の時に初めて会ったマグニートーとは長年の知人で、かつては一緒に能力を増幅する装置「セレブロ」を作ったことが語られる。映画の終わりでは、特製の監獄に入れられたマグニートーの元を訪れ、「人間との戦争になったら戦う」と語るマグニートーに対し、「その時は立ちふさがってみせる」と告げる。

キャスト

プロフェッサーを演じているのは、イギリスの俳優であるパトリック・スチュワート。公開時60歳頃。テレビドラマ「新スター・トレック」(1987)のピカード艦長などでも知られる。同時期の出演作には、テレビ映画「クリスマス・キャロル」(1999)などがある。

「X-MEN」の関連項目

シーン 3 X-MEN

金属を操り、警官隊に銃口を向けるマグニートー

「恵まれし子らの学園」を出ていこうとしたローグを迎えに、ウルヴァリンたちが駅に向・・・かう。駅に着いたサイクロップスとストームは、トードとセイバートゥースに襲われる。また、列車にいたローグに対して学校に戻るように説得するウルヴァリンだったが、そこに現れたマグニートーによってローグを連れ去られてしまう。 ローグを連れて駅の外・・・
セリフ・名言 1 X-MEN

プロフェッサー(ナレーション)「突然変異。それは進化の鍵である。数10万年に1度、急激な進化が起こる」

0:00:25頃 「X-MEN」のオープニングのナレーション。自身もミュータント・・・であるプロフェッサーが、突然変異について語る。このあと、突然変異によって通常の人間とは異なるミュータントたちの物語が展開されていくことになる。 ・・・
セリフ・名言 7 X-MEN

プロフェッサー「私は心が読めるからね」

0:45:25頃 サイクロップスとウルヴァリンは、初対面のときから互いに敵対心を・・・抱いていた。サイクロップスの皮肉を聞いたプロフェッサーは、皮肉を聞かなくともサイクロップスの心を読むことができることから、サイクロップスの気持ちを理解していた。 ・・・
セリフ・名言 19 X-MEN

プロフェッサー「私は必ず立ちふさがってみせる。古き友よ」

1:33:55頃 「X-MEN」の最後のセリフ。世界の首脳やニューヨークの人々を・・・ミュータントに変えるというマグニートーの野望は、プロフェッサーをリーダーとするX-MENたちの活躍によって阻止される。捕らえられたマグニートーと面会に来たプロフェッサーのやりとり。 ・・・
キーワード 4 X-MEN

X-MEN、恵まれし子らの学園

ミュータントであるプロフェッサーXは、ミュータントの子どもたちに適切な教育をする・・・ために「恵まれし子らの学園」を設立している。学園はニューヨークのウェストチェスターにあり、表向きは天才を育てるための学校となっている。サイクロップス、ジーン・グレイ、ストームは学園の卒業生で、卒業後は子どもたちに教える立場となっている。プロ・・・

その他の「X-MEN」の登場人物・キャスト

人物 3 X-MEN

エリック・レーンシャー/マグニートー

俳優:イアン・マッケラン エリック・レーンシャー/マグニートーは、人類に敵意を抱くミュータントである、映画・・・「X-MEN」の登場人物。金属を自在に操る能力を持つ。1944年にポーランドの強制収容所に送られた過去があり、両親と離ればなれになるのを嫌がった時に、有刺鉄線の柵をねじ曲げたことがある。1947年にアメリカに移住。17歳の時にプロフェッサー・・・
人物 4 X-MEN

サイクロップス/スコット・サマーズ

俳優:ジェームズ・マースデン サイクロップス/スコット・サマーズは、X-MENのメンバーの1人である、映画「X・・・-MEN」の登場人物。両目から破壊光線オプティック・ブラストを放つことができる。目を開けると自動的に発射されるために、制御のために特製のバイザーで目を覆っている。プロファッサーが運営している「恵まれし子らの学園」の卒業生で、卒業後も学園に住・・・
人物 5 X-MEN

ジーン・グレイ

俳優:ファムケ・ヤンセン ジーン・グレイは、テレパシーやテレキネシスを使えるX-MENのメンバーの1人であ・・・る、映画「X-MEN」の登場人物。他のミュータントたちと、「恵まれし子らの学園」に住んでいる。サイクロップスとは恋仲で一緒の部屋で暮らしている。ケリー上院議員の開いた公聴会でミュータント登録法案への反対意見を述べる。その後、マグニートーの策・・・
人物 6 X-MEN

ストーム/オロロ・マンロー

俳優:ハル・ベリー ストーム/オロロ・マンローは、X-MENのメンバーの1人である、映画「X-MEN・・・」の登場人物。白い髪がトレードマーク。嵐や雷を操ることができ、パワーを発揮する時には瞳が真っ白になる。カナダでウルヴァリンとローグを助けに現れ、駅で襲撃を受けた時には雷をセイバートゥースに落とす。ジェット機で自由の女神像に向かう時には霧を出・・・
人物 7 X-MEN

ローグ/マリー・ダンキャント

俳優:アンナ・パキン ローグ/マリー・ダンキャントは、触れた相手の能力を奪う能力を持つミュータントであ・・・る、映画「X-MEN」の登場人物。キスをしたボーイフレンドが3週間に渡って昏睡状態となり、ショックを受けて家出する。カナダで自分と同じくミュータントであるウルヴァリンと知り合う。マグニートーの手下であるセイバートゥースに襲われたところをサイ・・・
ストーリー X-MEN

ストーリー・あらすじ紹介

X-MENのストーリー・あらすじ紹介。
セリフ・名言 X-MEN

セリフ紹介

X-MENのセリフ紹介。
音楽 X-MEN

音楽紹介

X-MENの音楽紹介。
キーワード X-MEN

キーワード紹介

X-MENのキーワード紹介。
シーン X-MEN

シーン紹介

X-MENのシーン紹介。
プリティ・ウーマン
  • 作品
  • 7.47

プリティ・ウーマン

「プリティ・ウーマン」は、ロサンゼルスを舞台に売春婦のビビアンが金持ちのエドに見・・・いだされて幸せをつかむシンデレラ・ストーリーの作品。もともとのタイトルは、エドとビビアンが契約する金額の「3,000ドル」で、内容もビビアンが麻薬中毒という暗いものだった。内容も変わり、タイトルも「プリティ・ウーマン」にあらためられた。 ・・・
007/カジノ・ロワイヤル

007/カジノ・ロワイヤル

「007/カジノ・ロワイヤル」は、スパイのジェームズ・ボンドの活躍を描く「007・・・」シリーズの第21作目。イアン・フレミングの原作では1作目だが、権利の問題でシリーズ外のパロディ作品として映画化されていた「カジノ・ロワイヤル」を元にしている。 前作までボンドを演じたピアース・ブロスナンに代わり、ダニエル・クレイグが起用・・・
ジャンゴ 繋がれざる者

ジャンゴ 繋がれざる者

「ジャンゴ 繋がれざる者」は、クエンティン・タランティーノが監督した西部劇。タイ・・・トルで主人公の名前である「ジャンゴ」が「続・荒野の用心棒」(1966)の原題であることからもわかるように、タランティーノが愛するマカロニ・ウェスタンの影響を強く受けている。 南北戦争前のアメリカを舞台に、黒人奴隷が一般的だった時代に、愛す・・・
マイティ・ソー
  • 作品
  • 7.15

マイティ・ソー

「マイティ・ソー」は、「マーベル・シネマティック・ユニバース」の4作目にあたる作・・・品。「マーベル・コミック」の「マイティ・ソー」の初実写化作品である。 北欧神話を元に、王オーディンの怒りを買って地球に追放されたオーディンの息子ソーが、地球でのジェーンとの交流や弟ロキとの対立などを経て、王にふさわしい存在に変わっていく物・・・
ゴーストバスターズ
  • 作品
  • 7.42

ゴーストバスターズ

「ゴーストバスターズ」は、ゴーストが現れるニューヨークを舞台に、ゴースト退治を職・・・業とする「ゴーストバスターズ」と、「破壊の神」ゴーザとの戦いを描いたコメディ。 ダン・エイクロイドとハロルド・ライミスが脚本を担当し、ジョン・ベルーシを想定して脚本が書かれたが、ベルーシの死去により出演はかなわなかった。ベルーシが想定され・・・
新着コンテンツ