レナードの朝 登場人物・キャスト

重要な部分に触れている場合があります。

人物 1 レナードの朝

マルコム・セイヤー医師

俳優:ロビン・ウィリアムズ マルコム・セイヤーは、慢性神経病患者専門の病院に赴任する医師である、映画「レナードの朝」の登場人物。人付き合いが苦手で、これまで研究職についてきた。ニューヨークのブロンクスにある慢性神経病患者専門の病院では、不慣れな臨床を担当することになる。最初は戸惑うものの、看護師のエレノアの協力も得て、徐々に慣れていく。 呼びか・・・
人物 2 レナードの朝

レナード・ロウ

俳優:ロバート・デ・ニーロ レナード・ロウは、慢性神経病患者専門の病院に入院する嗜眠性脳炎の患者である、映画「レナードの朝」の登場人物。11歳の時に嗜眠性脳炎を患う。手が震える症状から学校に行けなくなり、9年に渡って自宅で過ごす。症状の悪化によって、1939年11月14日に現在の病院に入院。呼びかけにも反応しない状態で、30年の時が過ぎていた。 ・・・
人物 3 レナードの朝

エレノア・コステロ

俳優:ジュリー・カブナー エレノア・コステロは、慢性神経病患者専門の病院の看護師である、映画「レナードの朝」の登場人物。慣れない臨床に戸惑うセイヤーに優しく接し、治療や調査に協力する。セイヤーが後援者に資金援助を求めるプレゼンテーションをした時には、セイヤーに落ち着くようにメモを渡して緊張をほぐす。セイヤーのことを「親切な人」とレナードに語って・・・
人物 4 レナードの朝

ロウ夫人

俳優:ルース・ネルソン ロウ夫人は、レナードの母親である、映画「レナードの朝」の登場人物。レナードの病状が悪化したことから、レナードが20歳の時に病院へ入院させ、通って世話をしている。セイヤーからLドーパの試験投薬について話をされ、同意書にサインをする。回復したレナードの姿に喜びながらも、ポーラに恋心を抱くレナードに不満を抱き、レナードの病状・・・
人物 5 レナードの朝

ポーラ

俳優:ペネロープ・アン・ミラー ポーラは、父親が慢性神経病患者専門の病院に入院している、映画「レナードの朝」の登場人物。病院に見舞いに訪れ、反応のない父親に野球の記事を読んであげる姿を見せる。病院の食堂でレナードと出会い、ウェートレスの仕事の話などをする。反応のない父親に自分の言葉が聞こえているかを悩んでいることを話し、レナードからは「聞こえている」・・・
人物 6 レナードの朝

カウフマン医師

俳優:ジョン・ハード カウフマンは、慢性神経病患者専門の病院の医師である、映画「レナードの朝」の登場人物。セイヤーの上司にあたる。Lドーパを嗜眠性脳炎の患者に投与することを提案するセイヤーに当初は反対するが、セイヤーの熱意に負けて1人だけの試験投与を認める。レナードが回復したことから全患者への投薬を求めるセイヤーには、資金的な問題から却下す・・・
人物 7 レナードの朝

ルーシー

俳優:アリス・ドラモンド ルーシーは、慢性神経病専門の病院に入院する患者である、映画「レナードの朝」の登場人物。面倒を見ていた姉が亡くなったことから病院に入院してきた。呼びかけにも応答しないが、落ちたメガネをキャッチする反射能力を持つことにセイヤーが気づく。また、自力で歩行するものの途中で立ち止まってしまい、セイヤーがタイルの模様が変わったこと・・・
人物 8 レナードの朝

ピーター・インガム医師

俳優:マックス・フォン・シドー ピーター・インガムは、嗜眠性脳炎について研究してきた医師である、映画「レナードの朝」の登場人物。セイヤーの訪問を受け、記録映像などを見せる。患者について、「何も考えていない。それ以外には考えられない」と私見を述べる。 ・・・
人物 9 レナードの朝

ローズ

俳優:ジュディス・マリナ ローズは、嗜眠性脳炎の患者である、映画「レナードの朝」の登場人物。呼びかけに反応を示さない状態だったが、「Shanghai Shuffle」が流れると動くことが判明する。その後、Lドーパの投薬によって回復する。ダンスホールでは、禁酒法が廃止されたことを確認してカクテルの「ロブ・ロイ」を頼み、いやがるセイヤーをダンスに誘・・・
人物 10 レナードの朝

フランク

俳優:ジョージ・マーティン フランクは、嗜眠性脳炎の患者である、映画「レナードの朝」の登場人物。呼びかけに反応を示さない状態だったが、Lドーパの投薬によって回復する。両親は死に、妻は施設に入っており、息子は西海岸で行方がわからない状態に、「ペテンにかけられた気分」と語る。その後、息子から手紙が届いて喜ぶ姿を見せる。やがて、他の患者と同様に元の状態・・・
人物 11 レナードの朝

ローランド

俳優:デクスター・ゴードン ローランドは、慢性神経病患者専門の病院に入院する患者である、映画「レナードの朝」の登場人物。ピアノで「デクスター・ゴードンのチューン(Dexter's tune)」を演奏する姿を見せる。 ・・・
人物 12 レナードの朝

バート

俳優:バートン・ヘイマン バートは、嗜眠性脳炎の患者である、映画「レナードの朝」の登場人物。呼びかけに反応を示さない状態だったが、「パープル・ヘイズ(Purple Haze)」の曲が流れると反応を示す。その後、Lドーパの投薬によって回復する。雑誌に掲載された「ポンティアック ファイヤー・バード」を気に入る姿を見せる。 ・・・
人物 13 レナードの朝

ミリアム

俳優:アン・メアラ ミリアムは、嗜眠性脳炎の患者である、映画「レナードの朝」の登場人物。呼びかけに反応を示さない状態だったが、Lドーパの投薬によって回復する。血圧を測ろうとする看護師から逃げ、夫とは離婚したことを知ると神に感謝する姿を見せる。 ・・・
人物 14 レナードの朝

マーガレット

俳優:メアリー・アリス マーガレットは、慢性神経病患者専門の病院の看護師である、映画「レナードの朝」の登場人物。同僚のベスとドラマに夢中になっていたところを、エレノアから仕事をするように注意される。回復したミリアムに、切り出しにくいながらも離婚が成立した話をするが、ミリアムが喜ぶ姿を見せたことからホッとする。 ・・・
人物 15 レナードの朝

ベス

俳優:メアリー・キャサリン・ライト ベスは、慢性神経病患者専門の病院の看護師である、映画「レナードの朝」の登場人物。同僚のマーガレットとドラマに夢中になっていたところを、エレノアから仕事をするように注意され、患者に小説を朗読する。Lドーパを投与された患者が回復したことを、「奇跡が起きました」とセイヤーに報告する。 ・・・
人物 16 レナードの朝

アンソニー

俳優:キース・ダイアモンド アンソニーは、慢性神経病患者専門の病院の看護師である、映画「レナードの朝」の登場人物。嗜眠性脳炎の患者によって反応を示す音楽が異なることに気づき、「パープル・ヘイズ」を流す。 ・・・
人物 17 レナードの朝

薬学士

俳優:ピーター・ストーメア 薬学士は、Lドーパについて講演する人物。講演の途中にも関わらずセイヤーから質問を受け、さらにはトイレで用を足している時にも質問をされる。嗜眠性脳炎の効果について聞かれるものの、効果を確認するのは臨床医の仕事と話す。 ・・・
新着コンテンツ