姫を見つける翁

むかしむかし、竹を取って暮らす翁と妻の媼が山に住んでいた。ある日翁がいつものように竹を取っていると、目の前に1本のたけのこが生えてくる。急に伸びたたけのこの中には、美しい小さな姫がいる。翁は姫を家に連れ帰る。姫の姿を見た媼は驚く。姫は赤ん坊に姿を変え、乳が出るようになった媼の乳を飲み、普通の人間とは比べ物にならないスピードで成長していく。

タケノコ

どんどん大きくなる姫を、近所の子どもたちは「タケノコ」と呼ぶ。言葉を話し、走り回れるようになった姫は、ある時イノシシに襲われそうになったところを捨丸に助けられる。捨丸や子どもたちとわらべ唄を歌う姫は、歌詞とメロディを少し変えた歌をなぜか覚えており、歌いながら涙を流す。一方翁は、竹の中から大量の金のつぶを見つける。

天命

季節は夏から秋になる。姫はさらに大きくなって少女となる。捨丸や子どもたちと森の中を駆けずり回って楽しく過ごすタケノコ。一方翁は、竹の中から飛び出してきた大量の美しい衣を手に入れる。翁は、姫に高貴な暮らしをさせるようにという天のおぼしめしと考え、都に屋敷を建てて移り住む決意をする。ある日、翁と媼は姫を連れて都へと移り住む。

都へ

都の大きな屋敷で、顔を白塗りにした翁や媼と対面して驚く姫。きれいな衣や広い屋敷に大はしゃぎする姫だったが、翁が宮中から呼んだ女官の相模によって高貴な姫君としての教えを受けることになる。真剣に取り組まず相模を困らせる姫だったが、翁の前ではおしとやかな姿で見事に琴を演奏してみせたりもする。

なよ竹のかぐや姫

さみしさを感じている姫は、媼のいる裏庭に面した作業場に出入りし、媼から裏庭を好きなように使って良いと言われる。やがて姫は、斎部秋田から「なよ竹のかぐや姫」の名前を与えられる。髪上げと裳着の儀式のあと、かぐや姫の成人を祝う宴が開かれるものの、御簾によって隠された場所にいるかぐや姫はむなしさを感じている。

冬の山

宴に訪れた男がかぐや姫を侮辱する言葉を口にする。それを聞いて耐えられなくなったかぐや姫は、屋敷を飛び出して冬の雪に覆われた山に向かう。山には捨丸たちの姿はなく、炭焼きの老人からやがて春が再びやってくることを教えてもらう。雪原に倒れたかぐや姫だったが、元の御簾の中で目を覚ます。かぐや姫はおとなしくなり、嫌がっていた引眉やお歯黒も受け入れる。

求婚

春になり、かぐや姫の美しさは都でうわさとなる。そして、車持皇子・石作皇子・阿部右大臣・大伴大納言・石上中納言の5人の公達が求婚のために屋敷にやって来る。かぐや姫のことを得がたき宝物に例える公達に対し、かぐや姫はそれぞれが口にした宝物を手に入れることができた者と一緒になると話す。かぐや姫の無理な要求に、公達たちは肩を落として帰っていく。

花見

かぐや姫の対応に失望した相模は、暇をもらって屋敷から出ていく。一方かぐや姫は、女童や媼と花見に出かける。桜が舞い散る中を笑顔で踊るかぐや姫。だが、ぶつかった子どもの母親がかぐや姫に土下座して謝る。悲しい気持ちになったかぐや姫は帰ることにする。牛車での帰り道で、かぐや姫はニワトリを盗んで逃げる捨丸と顔を合わせる。だが捨丸は男に捕まってしまい、顔を何発も殴られる。

偽物の宝

3年がたつ。車持皇子が約束の「蓬莱の玉の枝」を持ってくる。手に入れるまでの苦労について身振りを交えて熱弁を振るう車持皇子だったが、「蓬莱の玉の枝」の代金を求める職人が姿を見せたために偽物であることが明らかになる。さらに、阿部右大臣が約束の「火鼠の皮衣」を持ってくる。だが、燃えないはずの皮衣は、火にくべると燃えてしまう。

見つからない宝

大伴大納言は「龍の首の珠」を求めて船出するが、嵐に遭っておびえる姿を見せる。石作皇子は、宝物は手に入らなかったが、大切なのは真心であるとかぐや姫に訴える。かぐや姫の心は動くが、石作皇子が多くの女性をたぶらかしてきたことを媼が教える。さらに、石上中納言は「燕の子安貝」を探している時に墜落死してしまう。かぐや姫は自分のせいと考えてショックを受ける。

御門

かぐや姫のうわさを聞いた御門(みかど)がかぐや姫を宮中に招こうとするが、かぐや姫は断る。断られたことを聞いた御門は、自らかぐや姫の元を訪れ、かぐや姫を背後から抱きすくめる。驚いた姫の体は、御門からすり抜けてしまう。かぐや姫は御門に帰るように頼む。その後、かぐや姫は月を見上げるようになる。そして、自分が月から来たことがわかり、御門に抱きすくめられて時に無意識に月に助けを求めたことから8月の十五夜に月から迎えが来ると、翁と媼に涙ながらに語る。

山に戻る

翁は屋敷の警備を固める。一方かぐや姫は、かつて地球から月に戻った女性が、地球の記憶を失ったにもかかわらず「天女の歌」を歌いながら涙を流していたことを媼に話す。そして、山に戻りたいという思いを語る。媼はひそかに牛車を用意し、かぐや姫を山に連れて出してやる。妻子や仲間と山に戻ってきていた捨丸と再会したかぐや姫は、「捨丸となら幸せになれた」と語る。「逃げよう」と言う捨丸と不思議な力で空を飛ぶかぐや姫。だが月が顔を出すと、かぐや姫は捨丸から離れて海に落ちてしまう。捨丸は目を覚まし、夢だと思う。

月へ

8月の十五夜が来る。多くの武士が警備をする屋敷に、月から雲に乗った天人たちが楽器を演奏しながらやってくる。武士たちは眠らされ、かぐや姫は無表情で雲へと呼び寄せられる。だが、女童と子どものわらべ唄の歌声を聞いたかぐや姫はわれに返り、翁と媼も雲へとやって来る。泣きながら最後の別れをするかぐや姫と翁と媼。地球の素晴らしさを語るかぐや姫だったが、羽衣をかけられたことで地球の記憶を失う。かぐや姫は雲に乗って月へと向かう。地球の記憶を失ったかぐや姫だったが、宇宙から地球を振り返り、目に涙を浮かべる。

人物 1 かぐや姫の物語

かぐや姫

俳優:朝倉あき/内田未来 かぐや姫は、月から地球にやって来た女性である、映画「かぐや姫の物語」の登場人物。・・・竹やぶに突如生えたタケノコの中で小さな姫の姿で現れたところを翁に見つけられ、翁と媼に育てられる。姫の姿から人間の赤ん坊となり、通常の人間とは比べ物にならないスピードで成長する。その様子から、子どもたちからは「タケノコ」と呼ばれるようになる。・・・
人物 2 かぐや姫の物語

俳優:地井武男 翁は、かぐや姫の育ての親である、映画「かぐや姫の物語」の登場人物。名前は「讃岐の・・・造(みやつこ)」。媼と山で暮らしていたところ、急に目の前で伸びたタケノコの中にいた小さな女の子を見つける。「姫」と呼んでかわいがり、媼とともに育てる。その後、竹から金のつぶや美しい衣が見つかり、姫を都で高貴な姫君として育てるのが天命と考える・・・
人物 3 かぐや姫の物語

俳優:宮本信子 媼は、かぐや姫の育ての親である、映画「かぐや姫の物語」の登場人物。翁とともに山で・・・暮らしていた。ある日、翁が連れ帰った赤ん坊を翁と育てる。急に母乳が出るようになり、赤ん坊に飲ませてやる。姫を高貴な姫君として育てることが天命と考える翁とともに、姫を連れて都に引っ越す。高貴な生活を送りたがる翁とは異なり、裏庭に面した部屋で料・・・
セリフ・名言 1 かぐや姫の物語

媼「あんな美しい娘になるよって、天が前もって見せてくださったんですよ、きっと」

0:10:30頃 山で竹を取って暮らしている翁は、目の前に生えてきたタケノコの中・・・に小さな姫を見つける。家に姫を連れ帰った翁の目の前で、姫は赤ん坊へと姿を変える。驚く翁と媼のやりとり。このあと姫は普通の人間ではありえないスピードで成長していく。 ・・・
セリフ・名言 2 かぐや姫の物語

翁「姫!おいで!姫!おいで!姫!おいで!」

0:13:00頃 タケノコの中で見つけた姫を育てる翁。姫は普通の人間ではありえな・・・いスピードで成長していく。すぐに歩けるようになった姫は、ヨチヨチと翁の方に歩いていく。翁は大声で姫を励まし、自分のところまでたどりついた姫を抱きしめる。 ・・・
セリフ・名言 3 かぐや姫の物語

翁「“この衣にふさわしい暮らしを姫にさせよ。高貴の姫君に育てよ”。そう天がお命じになっている」

0:24:40頃 タケノコの中から姫を見つけた翁は、媼のともに姫を育てる。ある日・・・、翁は竹の中から大量の金のつぶを発見する。さらに別の日には、美しい衣が竹の中から見つかる。これらのことから翁は天命を与えられたと考える。 ・・・
音楽 1 かぐや姫の物語

わらべ唄

「わらべ唄」は、山に住む子どもたちが遊びながら歌う曲。作曲は監督の高畑勲、作詞は・・・高畑勲と脚本の坂口理子。初めて聞くはずのタケノコも知っているが、実際に知っているのは似たメロディと歌詞の「天女の唄」であることがのちに明らかになる。かぐや姫が月に連れ戻される時には、女童と子どもたちが歌い、放心状態だったかぐや姫が自分を取り・・・
音楽 2 かぐや姫の物語

天女の歌

「天女の唄」は、かぐや姫が月にいた頃に、地球から戻ってきた天人が歌い、歌うたびに・・・涙を流していたという曲。作曲は監督の高畑勲、作詞は高畑勲と脚本の坂口理子。かぐや姫は「天女の歌」のことを覚えており、「わらべ唄」と似たメロディと歌詞のため、タケノコは「わらべ唄」を歌うことができたのだった。 ・・・
音楽 3 かぐや姫の物語

いのちの記憶

「いのちの記憶」は、「かぐや姫の物語」の主題歌である二階堂和美による曲。エンドク・・・レジットで使われている。二階堂和美のアルバム「にじみ」を聞いて強く惹かれた高畑勲が、二階堂に依頼して作られたという。 ・・・
キーワード 1 かぐや姫の物語

評価、興行収入

「かぐや姫の物語」の物語は、日本アカデミー賞の優秀アニメーション作品賞に選ばれ、・・・アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされるなど高い評価を受けた。興行的には24.7億円の興行収入となり、2014年の邦画の11位となった。 ・・・
キーワード 2 かぐや姫の物語

プレスコ

製作はあらかじめ俳優の声を録音してからアニメーションを作成するプレスコの方式で行・・・われた。プレスコの収録は2011年の夏に行われ、2012年に亡くなった地井武男が翁の声を担当している。またかぐや姫の声を担当する朝倉あきは、「受け身ではない意志のある声」を求める高畑勲に選ばれた。プレスコで収録された朝倉あきの声を聞きながら・・・
キーワード 3 かぐや姫の物語

山、竹林、タケノコ

山に住む翁がタケノコの中で小さな姫を見つけるところから、「かぐや姫の物語」は始ま・・・る。また翁は、竹の中から大量の金のつぶやきれいな衣を見つけ、姫を高貴な姫君として育てることが天命と考えるようになる。姫は通常の人間では考えられないスピードで成長し、近所の子どもたちからは「タケノコ」と呼ばれるようになる。すぐに少女となった姫・・・
新着コンテンツ