音楽・歌・ダンス 七つの会議

音楽(服部隆之)、サウンドトラック

重要な部分に触れている場合があります。

映画「七つの会議」オリジナル・サウンドトラック

「七つの会議」の音楽を担当しているのは服部隆之。発売されているサントラ(サウンドトラック)には、以下の曲が収録されている。

01.七つの会議 -Main Theme-
02.鬼が来る
03.営業会議
04.秘密
05.粗探し
06.癒着の匂い
07.不自然な転注
08.秘密を知る者
09.原島と優衣
10.役員会議
11.デカいネタ
12.水曜日
13.八角の過去 (Piano Ver.)
14.現れた男
15.衝撃
16.調査
17.八角の過去
18.疑惑
19.御前会議
20.20年前の出来事
21.不正の経緯
22.真実
23.闇
24.守るべき信念
25.七つの会議 -Main Theme- (Guitar Ver.)

その他の「七つの会議」の音楽・歌・ダンス

音楽 1 七つの会議

メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ(Make You Feel My Love)

「メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ(Make You Feel My Love・・・)」は、ボブ・ディランが1997年にリリースしたアルバム「タイム・アウト・オブ・マインド(Time Out of Mind)」の収録曲。「七つの会議」では、エンド・クレジットからエピローグにかけて使われている。 ・・・
音楽 2 七つの会議

音楽(服部隆之)、サウンドトラック

「七つの会議」の音楽を担当しているのは服部隆之。発売されているサントラ(サウンド・・・トラック)には、以下の曲が収録されている。 01.七つの会議 -Main Theme- 02.鬼が来る 03.営業会議 04.秘密 05.粗探し 06.癒着の匂い 07.不自然な転注 08.秘密を知る者 09.原島と優衣 10.役員会議 ・・・
ストーリー 七つの会議

ストーリー・あらすじ紹介

七つの会議のストーリー・あらすじ紹介。
キーワード 七つの会議

キーワード紹介

七つの会議のキーワード紹介。
セリフ・名言 七つの会議

セリフ紹介

七つの会議のセリフ紹介。
人物 七つの会議

登場人物紹介

七つの会議の登場人物紹介。
M:I-2 ミッション:インポッシブル2
  • 作品
  • 6.64

M:I-2 ミッション:インポッシブル2

「M:I-2 ミッション:インポッシブル2」は、テレビドラマ「スパイ大作戦」を下・・・敷きに映画化された「ミッション・インポッシブル」(1996)の続編。スパイのイーサン・ハントが、感染して20時間が経過すると確実に死ぬというキメラウイルスと、治療薬ベレロフォンを入手するという任務を遂行する。 アクションに定評があるジョン・・・
イエスマン “YES”は人生のパスワード
  • 作品
  • 7.53

イエスマン “YES”は人生のパスワード

「イエスマン ”YES”は人生のパスワード」は、知人の誘いで「イエス」セミナーに・・・出席し、どんな言葉にも「イエス」と返すことで人生が変わるカールを描いた作品。イギリスの作家ダニー・ウォレスが2008年に刊行した、自身の実体験を元にした小説を原作とした作品。映画化にあたっては、主人公が“イエスマン”になるきっかけなど、大き・・・
ファインディング・ニモ

ファインディング・ニモ

「ファインディング・ニモ」は、オーストラリア沖を舞台に、離ればなれとなってしまっ・・・たカクレクマノミの親子の様子を描いた作品。ピクサーによる5本目の長編アニメーション作品である。 アカデミー賞の4部門(「脚本賞」「作曲賞」「音響賞(調整)」「長編アニメーション作品賞」)にノミネートされ、「長編アニメーション作品賞」を受賞・・・
戦艦ポチョムキン
  • 作品
  • 7.69

戦艦ポチョムキン

「戦艦ポチョムキン」は、ロシア第一革命20周年記念作品として制作された。当初は1・・・905年に起こったロシア第一革命の全体を描く予定だったが、あらかじめ決まっていた公開日(1925年12月24日)に間に合わせるため、戦艦ポチョムキンの反乱のみの内容となった。エイゼンシュテインが提唱していたモンタージュ論が確立された作品とし・・・
ボーン・アルティメイタム

ボーン・アルティメイタム

「ボーン・アルティメイタム」は、「ボーン・アイデンティティー」(2002)、「ボ・・・ーン・スプレマシー」(2004)に続く、ロバート・ラドラムの原作を元にした「ボーン」シリーズの3作目となる作品。過去の記憶を失った殺し屋のジェイソン・ボーンが、自分を殺し屋に仕立て上げた存在に近づいていく。監督は前作に引き続き、ポール・グリ・・・
市民ケーン
  • 作品
  • 7.92

市民ケーン

「市民ケーン」は、オーソン・ウェルズのデビュー作で、新聞王チャールズ・フォスター・・・・ケーンの生涯を描いた作品。記者が、ケーンゆかりの人物にインタビューし、ケーンの過去が明らかになっていく。実在の新聞王ウィリアム・ランドルフ・ハーストがモデルで、ハーストは関与する新聞社が酷評するといった圧力がかけるなど妨害を試み、興行的に・・・
新着コンテンツ