名シーン紹介 カサブランカ

素直になれないリック

重要な部分に触れている場合があります。

時間: 0:48:30頃

見どころ
・未練に満ち溢れているが、素直になれないリック
・回りくどいイルザの説明
・頬で止まるイルザの涙

未練たっぷりだが素直になれず、イルザに冷たくあたる酔っぱらいのリックを見ることができる。

イルザとのパリの日々をリックが回想しているところに、当のイルザがやって来る。すでにかなり酔っ払っているリックはイルザに別れの理由を尋ねる。説明を茶化すリックに、イルザは怒って帰ってしまう。

パリでの日々を回想しながら、かなり酒を飲んでいたリック。「君の声は全然変わらない。”あなたとならどこへでも行くわ”」「俺たちは何日一緒にいた?俺は数えていた。一日一日な」。こういった言葉の1つ1つに、イルザへの未練が詰まっている。だが、プライドからか、怒りからか、ひねくれた形でしか表現することができない。

そんなリックに対するイルザの説明。「オスロからパリに出てきた少女の話よ。理想を抱く素晴らしい人と出会ったの・・・」と、物語調で語るのだ。「カサブランカ」には、キザで粋なダンディズムがあるが、イルザもなかなかケレン味たっぷりだ。

そんなイルザのカッコつけたような説明にもイラッとしたのか、リックは「美しい話だな。その手の話はたくさん聞いてきたよ。安っぽいピアノのある店でな」と茶化す。ずっと涙を目にためて話をしていたイルザは、左目から涙をこぼす。この涙のしずく。イルザの頬にとどまって落ちずにとどまる。続けてリックに「俺を捨てたのはラズロのためか、それとも他の男か?」と言われたイルザは、悲しみではなく怒りを覚えている。怒りに震えるイルザの頬には、まだ涙のしずくが。一粒の涙のしずくが、悲しみと怒りの両方の表現になっているかのようだ。演出だとしたらすごい。

酔いから覚めたリックは、翌日あっさりとイルザに謝る。このあたりにも、リックの未練が溢れている。

登場人物・キャスト

カサブランカ

IMDb

人物 1 カサブランカ

リック・ブレイン

俳優:ハンフリー・ボガート リック・ブレインは、カサブランカの酒場「カフェ・アメリカン」の経営者。かつては闘・・・士としてエチオピアやスペインのために活動していた。パリでイルザと出会い恋に落ちるも、パリ陥落の日にイルザに去られ、その後カサブランカに落ち着く。ヴィクター・ラズロとともに「カフェ・アメリカン」にやって来たイルザと再会。過去を思い出し、苦悩す・・・
カサブランカ

IMDb

人物 2 カサブランカ

イルザ・ランド

俳優:イングリッド・バーグマン イルザ・ランドは、ヴィクター・ラズロの妻で、リックの元恋人。パリで知り合いになっ・・・たリックと恋仲になるが、パリがドイツに迫って来た時に、リックの前から姿を消す。その後、カサブランカで酒場を運営するリックの前に、夫ヴィクター・ラズロとともに姿を現す。 リックの店を訪れた際には、サムを呼び、思い出の曲「時の過ぎゆくままに(・・・

セリフ・名言

カサブランカ

IMDb

セリフ・名言 20 カサブランカ

リック「今夜だからこそだ」

0:48:30頃 パリで別れたイルザが自分の店にやって来て、リックと再会。リック・・・の心の傷がうずき、深酒しているところに、イルザがやって来る。その時のやりとり。話をしにきたイルザは、話すために来たのであって飲まないというが、リックにとっては飲まないと過ごせない夜となった。それくらいイルザとの再会は衝撃だったことが分かる。・・・
カサブランカ

IMDb

セリフ・名言 21 カサブランカ

リック「俺は、1日1日数えていた」

0:48:50頃 パリで別れたイルザが自分の店にやって来て、リックと再会。リック・・・の心の傷がうずき、深酒しているところに、イルザがやって来る。その時のやりとり。話をしにきたイルザは、話すために来たのであって飲まないというが、リックにとっては飲まないと過ごせない夜となった。それくらいイルザとの再会は衝撃だったことが分かる。・・・

その他のシーン

シーン 4 カサブランカ

リックに変わらぬ愛を告白するイルザ

見どころ ・あくまで冷たいリック ・リックに変わらぬ愛を告白するイルザ ・頬を流・・・れるイルザの涙 あくまでも冷たい態度を突き通すリックに、ついにイルザが折れる。 カサブランカから離れるための通行証を持つリック。ラズロに売ってくれと頼まれるも、リックは断る。理由を聞かれ、「イルザに聞け」とリックが答えたことを知ったイル・・・
シーン 5 カサブランカ

ラズロと一緒に去るようにイルザを説得するリック

見どころ ・次から次に出てくる名ゼリフ ・トレンチコート姿のリック ・リックとイ・・・ルザを真横から撮影したショット ハンフリー・ボガートの代名詞にもなっているトレンチコート姿、連発される名ゼリフ、ボギーとイングリッド・バーグマンのコンビネーションを堪能できる。 リック、イルザ、ラズロ、ルノー署長の4人は、飛行場へやって・・・
シーン 6 カサブランカ

リックとルノーの友情の始まり

見どころ ・実は愛国者でもあったルノー ・捨てられるヴィシー水 ・「ルイ、これが・・・俺たちの友情の始まりだな」 リックとイルザの物語は終わり、リックとルノーの新しい友情が始まる。 イルザとラズロは飛行機に乗り込み、飛行機は滑走路へ向かう。そこに、ルノーからトラブルの連絡を受けていた、ナチスのシュトラッサー少佐がやって来・・・
シーン 1 カサブランカ

リックを”センチメンタリスト”と指摘するルノー

見どころ ・互いの本質を見抜いているリックとルノーの会話 ・ナチスへの意地を感じ・・・させるルノーの言葉と、相反する行動 アメリカ人のリックは、カサブランカでバーとカジノをやっている。怪しげなウーガーテからも信頼されており、ただ者ではない雰囲気を漂わせ、シニカルで謎めいてもいる。ルノーはカサブランカのフランス警察のトップだ・・・
シーン 2 カサブランカ

パリでの最後の時間

見どころ ・別れを決意して、涙目でぎこちない表情を見せるイルザ ・「crazy ・・・world」の伏線 ・「キスして。これが最後のようなキスを」 リックが回想する、イルザとのパリ最後の日の様子。ドイツ軍がパリに迫り、リックは当然のようにイルザと一緒に逃げ出そうとしている。イルザは、用事があるので駅で落ち合おうと言う。マル・・・
ストーリー カサブランカ

ストーリー・あらすじ紹介

カサブランカのストーリー・あらすじ紹介。
人物 カサブランカ

登場人物紹介

カサブランカの登場人物紹介。
セリフ・名言 カサブランカ

セリフ紹介

カサブランカのセリフ紹介。
ロッキー2
  • 作品

ロッキー2

「ロッキー2」は、シルヴェスター・スタローンが一躍スターとなった「ロッキー」の続・・・編。アポロに善戦したロッキーはボクサーを引退。エイドリアンと結婚して子どももできるが、仕事がうまくいかず金銭的に困る。一方で、名誉を傷つけられたアポロは、ロッキーに再戦を迫る。エイドリアンの反対にもかかわらず、ロッキーは再戦を決意する。 ・・・
トップガン
  • 作品

トップガン

「トップガン」は、アメリカ海軍のパイロットのマーベリックを描いた作品。世界的ヒッ・・・トとなり、アメリカおよび日本では公開年の興行成績1位を記録した。マーベリックを演じたトム・クルーズの人気も決定的となった。 アメリカ海軍の協力を得て撮影された空中戦(ドッグファイト)の映像は、「トップガン」の魅力の1つとなっている。また、・・・
ロッキー5/最後のドラマ
  • 作品

ロッキー5/最後のドラマ

「ロッキー5/最後のドラマ」は、「ロッキー」シリーズの5作目。脳へのダメージから・・・ボクサーを引退し、財産も失ったロッキーが、原点であるフィラデルフィアの下町に戻った姿を描いた作品。才能あふれるトミー・ガンのトレーナーとなり、活力を取り戻したロッキーだったが、息子との間には距離ができ、トミー・ガンも離れてしまう。 「2」・・・
市民ケーン
  • 作品

市民ケーン

「市民ケーン」は、オーソン・ウェルズのデビュー作で、新聞王チャールズ・フォスター・・・・ケーンの生涯を描いた作品。記者が、ケーンゆかりの人物にインタビューし、ケーンの過去が明らかになっていく。実在の新聞王ウィリアム・ランドルフ・ハーストがモデルで、ハーストは関与する新聞社が酷評するといった圧力がかけるなど妨害を試み、興行的に・・・
シャイニング
  • 作品

シャイニング

「シャイニング」は、スティーヴン・キングの原作を、スタンリー・キューブリックが監・・・督したホラー映画。主人公で狂気に陥るジャックを演じたジャック・ニコルソンや、ジャックの妻ウェンディを演じたシェリー・デュヴァルの熱演もあり、ヒット作となった。 原作を改変し、タイトルでもある「シャイニング」と呼ばれる超能力に関係する部分が・・・
新着コンテンツ