ケーンの最後の言葉

「立入禁止」と書かれた柵の中にある巨大な豪邸。庭には湖や動物を飼うためのオリなどがあるが、荒れ果てている。豪邸の大きなベッドルームで横になった1人の男が、「バラのつぼみ」とつぶやき、亡くなる。
シーン 1

ケーンの最後の言葉

見どころ ・ホラー映画のような出だし ・シュールな映像詩のようなケーンの死の描・・・写 巨大な屋敷の一室で横になる一人の男。手には、スノードームが握られている。「バラのつぼみ」とつぶやいた男の手からスノードームが落ち、転がり、割れる。女性の看護師がやって来て、男の顔にシーツを被せる。男は死んだのだった。 「市民ケーン」・・・

ニュース映画

「ザナドゥの城主が死去」というニュース映画が流される。フロリダに作られた豪邸ザナドゥの豪華さについて、集められた美術品や動物について、ザナドゥを作ったチャールズ・フォスター・ケーンの葬儀が行われたこと、ケーンがニューヨークの小さな新聞社を全国規模の大新聞社に育て上げたこと、母親が遺産として残した鉱山がスタートだったこと、財産管理人だったサッチャー氏がケーンを共産主義者だとコメントしたこと、敵も味方も多かったこと、2回の結婚と2回の離婚をしたこと、2人目の妻スーザンのために莫大な費用をかけてオペラハウスやザナドゥを作ったこと、知事選に出馬したがスキャンダルで敗北したこと、新聞事業の失敗で破産したことなどを報じる。ニュース映画を見終えた編集長は物足りなさを感じる。ケーンの最後の言葉「バラのつぼみ」に注目し、ニュース映画の上映を延期して、「バラのつぼみ」の意味を調べるように、記者のトンプソンに命じる。

記者を追い返すスーザン

アトランティック・シティにあるケーンの2番目の妻スーザン・アレキサンダー・ケーンが経営するナイトクラブ。スーザンはテーブルで酔いつぶれている。ニュース映画の記者のトンプソンが訪れ、ケーンについて話を聞こうとする。だが、スーザンは怒鳴ってトンプソンを追い返す。

新聞社経営に乗り出したケーン

トンプソンはフィラデルフィアにあるサッチャー図書館を訪れ、ケーンの財産管理人だったサッチャーのメモを閲読する。1871年、ケーンの母親は、鉱山の権利を少年だったケーンに渡し、ケーンが全財産をもらえる25歳までの管理を銀行に任せた。ソリで遊んでいたケーンは、財産管理人として迎えに来たサッチャーに連れて行かれた。25歳になったケーンは全財産を受け取ったが、金鉱などには興味を持たず、ニューヨークの新聞社(インクワイア紙)の経営だけに興味を持った。ケーンは、自身が株主の会社を含めた資本家を告発する記事などを掲載。新聞経営は大赤字だったが、それでも60年は続けられる資産を持っているはずだった。だが、1929年の大恐慌で新聞社の経営は悪化し、ケーンは全権を手放した。メモには「バラのつぼみ」については書かれていなかった。
シーン 2

ケーンを手放す書類にサインをする母親

見どころ ・聡明だが親子の愛情を感じさせない母親 ・「パンフォーカス」の見本の・・・ような、窓の外で遊ぶチャールズ(ケーン)の姿 チャールズ(ケーン)の母が宿代の代わりにもらったコロラドの金鉱から金が出たことで、ケーンの母はある決意をする。銀行に金鉱の管理を任せると同時に、息子チャールズの養育も任せることにしたのだ。チャ・・・
シーン 3

大赤字の新聞経営

見どころ ・ケーンの複雑さと矛盾を感じさせる編集方針 ・余裕たっぷりのケーンの・・・姿 25歳になったケーンは、全財産を受け取る。母親が持っていた金鉱以外にも、後見人のサッチャーの会社は、さまざまな事業に進出し、多角経営を行っていた。だが、ケーンが興味を持った事業は1つだけ。新聞社だった。地味な新聞社だったインクワイア紙・・・

発行部数がニューヨークでトップに

トンプソンは、ニューヨークのバーンスティンの元を訪れて、ケーンや「バラのつぼみ」について話を聞く。バーンスティンは、ケーンとリーランドと一緒に、インクワイア紙の経営に乗り出した人物だった。新聞社のオーナーになったケーンは、ゴシップ記事を積極的に掲載するように編集方針を変更。市民のための新聞とする宣言を紙に書き、新聞の一面に掲載する。宣言を書いた紙はリーランドがもらった。ケーンはライバル紙のスター記者を全員引き抜き、発行部数でもニューヨークでトップになり、記念パーティが開かれた。その後、ケーンはヨーロッパ旅行をし、旅行中に知り合った大統領の姪エミリーと婚約をして帰ってきた。これらのことを話したバーンスティンは、エミリーは「バラのつぼみ」ではなく、失った何かではないかと推測する。バーンスティンは、ケーンの学生時代からの友人であるリーランドに会うように勧める。

ケーンとスーザンの出会い

トンプソンは入院しているリーランドを訪れて、ケーンや「バラのつぼみ」について話を聞く。ケーンとは親友だったが、ケーンは誰も信じなかったと語り、さらに詳しくケーンについて語り出す。ケーンとエミリーの結婚生活は、ケーンが新聞の仕事を優先することや、エミリーのおじでもある大統領を批判する記事を掲載したことなどから、すぐにうまくいかなくなった。ケーンと2番目の妻となるスーザンは、道端で偶然に知り合った。馬車が跳ねた泥をかぶったケーンをきれいにしてあげようと、スーザンがケーンを部屋に入れたことがきっかけで親しくなった。ケーンは何度も足を運び、歌手を目指していたというスーザンの歌声を聞くなどして過ごした。
シーン 4

ケーンとエミリーの朝食にみる結婚の破綻

見どころ ・6回の朝食で結婚の破綻を描く巧みな描写 ・徐々に心が離れていくケー・・・ンを表現するウェルズの演技 ケーンは、大統領の姪(めい)であるエミリーと結婚する。だが、ケーンの親友だったリーランドによると、2人が朝食をともにしたのは最初の数カ月だけだったという。ケーンとエミリーの関係性が悪化する様子を、6回の朝食で簡・・・

知事選への出馬と落選

ケーンは知事に立候補した。現知事のゲティスの腐敗を訴え、世論調査でも優勢で、演説集会でも喝采を浴びた。だが妻のエミリーの元にある手紙が届いていた。差し出し人はスーザンだった。エミリーがケーンをスーザンのアパートに連れていくと、そこには現知事のゲティスがいた。ゲティスがスーザンを脅してエミリーに手紙を書かせたのだった。ゲティスはケーンが選挙から降りなければ、新聞にケーンとスーザンの密会を書かせるという。だが、ケーンは選挙から降りることを拒否し、密会を新聞で報道された結果、ケーンは落選した。落選した朝、酔っ払ったリーランドはケーンと新聞社で話をした。リーランドはケーンが民衆を奴隷のように考えていると批判し、シカゴへの転属を希望した。
シーン 5

知事に立候補したケーンの演説

見どころ ・ゲティスへの屈服を拒否する事で、多くのものを失うケーン ・ケーンの・・・熱情的な性格 支持率が高まり、知事に当選する確率も高まり、余裕綽々とした姿で聴衆の心をつかむスピーチを見せたケーンだったが、対抗馬で現知事のゲティスによって窮地に追い込まれる。ゲティスは、ケーンとスーザンの不倫を把握しており、ケーンと妻エ・・・
シーン 6

知事選を降りるように脅されるケーン

見どころ ・ゲティスへの屈服を拒否する事で、多くのものを失うケーン ・ケーンの・・・熱情的な性格 支持率が高まり、知事に当選する確率も高まり、余裕綽々とした姿で聴衆の心をつかむスピーチを見せたケーンだったが、対抗馬で現知事のゲティスによって窮地に追い込まれる。ゲティスは、ケーンとスーザンの不倫を把握しており、ケーンと妻エ・・・
シーン 7

ケーンを容赦なく批判するリーランド

見どころ ・容赦ない、リーランドのケーン批判 ・選挙後の雰囲気が伝わってくるセ・・・ットや小道具 選挙結果が出た朝。落選したケーンの元を、酔っ払ったリーランドがやって訪れる。リーランドは、ケーンを責め立てる。「おまえは民衆を所有物のように言う」「民衆に団結を勧めるが、民衆がおまえに向かってきたら、無人島でサルを相手に威張・・・

リーランドを解雇

ケーンとスーザンは結婚した。ケーンはかつてオペラ歌手を目指していたスーザンのためにシカゴにオペラハウスを建設し、主役を演じさせた。だが、スーザンは実力不足だった。幕が下りた後、ケーンはインクワイア紙のシカゴ支社にやって来た。酔って寝ていたリーランドが書いた、スーザンを酷評する劇評を読んだケーンは、自らタイプライターを打ってリーランドの原稿の続きを書き、リーランドを解雇したのだった。
シーン 8

リーランドの原稿を仕上げるケーン

見どころ ・ケーンの複雑な性格がにじみ出る、リーランドの劇評への対応 ・パンフ・・・ォーカスを効果的に使った、ケーンがタイプを打つショット ・クビになるリーランド スーザンを妻としたケーンは、スーザンに音楽の先生をつけて特訓させ、シカゴにオペラハウスを建設する。オペラハウスのこけら落としにスーザンを主役としたオペラを上演・・・

スーザンをオペラ歌手に仕立てる

リーランドから話を聞き終えたトンプソンは、再びスーザンの元を訪れ、ケーンについて聞く。スーザンはケーンについて語りだす。再婚した後のケーンは、スーザンに歌の先生をつけたが、うまくならなかった。歌の先生もスーザンも続けることを望んでいなかったが、ケーンはやめることを許さなかった。オペラの初舞台のスーザンのできは良くなかったが、観客の拍手が鳴り止んだ後もケーンは拍手をやめなかった。酷評されたスーザンは歌うことを拒否したが、ケーンは認めなかった。スーザンは全国で歌い続け、各地のインクワイア紙はスーザンを称賛する記事を掲載した。耐えられなくなったスーザンは自殺を試み、ついにケーンも諦めたのだった。

スーザン、ザナドゥを去る

巨大な屋敷ザナドゥの中で、スーザンはジグソーパズルをして過ごしていた。退屈していたスーザンは、ケーンにニューヨークに行きたいとせがむが、ケーンは拒否。スーザンのジグソーパズルの日々は続いた。ある日、ケーンの発案で、ケーンとスーザンは金持ち連中を連れてピクニックに出かけた。テントの中で、ケーンとスーザンは口論となった。スーザンに「金で愛を買おうとしている」と言われたケーンは、頭に血が上り、スーザンの頬をたたいた。離婚を決意して出ていこうとするスーザンを、ケーンは止めようとした。だが、「私を傷つけるな」と言われたスーザンは、ケーンが大事なのは自分自身とあらためて気づき、ザナドゥを去ったのだった。

スーザンの部屋を壊すケーン

スーザンの話を聞いたトンプソンは、「ケーンをかわいそうに感じる」と感想を述べ、スーザンは同意する。ザナドゥにやって来たトンプソンは、スーザンに話を聞くように勧められていた執事のレイモンドに、「バラのつぼみ」について聞く。スーザンが出ていった時、ケーンはスーザンの部屋の物を投げつけ、テーブルをひっくり返し、物を壊しまくった。だが、テーブルの上にあるスノードームを手に取ると、「バラのつぼみ」とつぶやき、静かに部屋を出てどこかに向かっていったのだった。レイモンドの話でも「バラのつぼみ」については分からなかった。
シーン 9

スノードームを見て「バラのつぼみ」とつぶやくケーン

見どころ ・物を投げ、家具を壊すケーン ・オープニングに出てきたスノードームと・・・、スノードームが描き出す世界 2番目の妻スーザンをオペラの主役にし、アメリカ全土をツアーさせたケーン。そんなケーンの押し付けの愛に苦悩するスーザンは、耐えられなくなり自殺を図る。歌手をやめたいというスーザンの希望を聞き入れたケーン。その後・・・

「バラのつぼみ」の謎

トンプソンはザナドゥの倉庫に置かれた、膨大な数の貴重なケーンの収集品を眺める。トンプソンは「バラのつぼみ」の意味にたどり着くことはできなかった。膨大な収集品のうち、価値がないとされたものを、作業員が焼却炉に投げ込んでいる。1人の男がソリを投げ入れる。そのソリは、ケーンが幼少期に母親と別れる時に遊んでいたもので、そこには「バラのつぼみ」と書かれている。ザナドゥの煙突からは黒い煙が立ち上り、ザナドゥを囲う柵には「立入禁止」と書かれている。
シーン 10

焼却炉で燃やされる「バラのつぼみ」

見どころ ・「バラのつぼみ」の謎の真相 ・「バラのつぼみ」を追い求めたトンプソ・・・ンがたどり着いた結論 ニュース映画の記者であるトンプソンは、ケーンの最後の言葉「バラのつぼみ」の謎を追って、かつての親友リーランドや、2番目の妻スーザンなどからケーンのことを取材してきた。だが、結局「バラのつぼみ」の謎は解けなかった。だが・・・

シーン 1 市民ケーン

ケーンの最後の言葉

見どころ ・ホラー映画のような出だし ・シュールな映像詩のようなケーンの死の描・・・写 巨大な屋敷の一室で横になる一人の男。手には、スノードームが握られている。「バラのつぼみ」とつぶやいた男の手からスノードームが落ち、転がり、割れる。女性の看護師がやって来て、男の顔にシーツを被せる。男は死んだのだった。 「市民ケーン」・・・
シーン 2 市民ケーン

ケーンを手放す書類にサインをする母親

見どころ ・聡明だが親子の愛情を感じさせない母親 ・「パンフォーカス」の見本の・・・ような、窓の外で遊ぶチャールズ(ケーン)の姿 チャールズ(ケーン)の母が宿代の代わりにもらったコロラドの金鉱から金が出たことで、ケーンの母はある決意をする。銀行に金鉱の管理を任せると同時に、息子チャールズの養育も任せることにしたのだ。チャ・・・
シーン 3 市民ケーン

大赤字の新聞経営

見どころ ・ケーンの複雑さと矛盾を感じさせる編集方針 ・余裕たっぷりのケーンの・・・姿 25歳になったケーンは、全財産を受け取る。母親が持っていた金鉱以外にも、後見人のサッチャーの会社は、さまざまな事業に進出し、多角経営を行っていた。だが、ケーンが興味を持った事業は1つだけ。新聞社だった。地味な新聞社だったインクワイア紙・・・
市民ケーン IMDb
人物 1 市民ケーン

チャールズ・フォスター・ケーン

俳優:オーソン・ウェルズ チャールズ・フォスター・ケーンは世界有数の大富豪であり、新聞王。母親が権利を持っ・・・ていた金鉱から金が出た際に、後見人サッチャーに預けられる(1871年)。25歳になると莫大な資産を手に入れ世界で6番目の資産家となる。だが、金鉱などには興味を持たず、バーンスティンや友人で劇評家のリーランドとともに、ニューヨークの新聞インク・・・
市民ケーン IMDb
人物 2 市民ケーン

ジェディダイア・リーランド

俳優:ジョゼフ・コットン ケーンの友人で、同僚。若き日のケーンと友人になり、インクワイア紙の経営に乗り出し・・・たケーンによって、劇評家として契約する。発行部数を伸ばすケーンを近くで見守り、戦友のような関係となる。だが、知事選に落選したケーンに対し、傲慢さを批判。自ら志望して、シカゴへと転属する。その後数年間にわたり、ケーンとは口をきかない。 ケー・・・
市民ケーン IMDb
人物 3 市民ケーン

スーザン・アレクサンダー

俳優:ドロシー・カミンゴア ケーンの2番目の妻。馬車が跳ねた泥を頭からかぶったケーンを見て笑い、きれいにする・・・ために部屋に招き入れたことから知り合いになる。その時は有名人のケーンのことを知らず、互いに孤独であると感じ取ったケーンがほれ込み、不倫関係となる。 ケーンが知事選に出馬した際に、不倫関係を知った対抗馬で現知事のゲティスの脅迫に従い、ケーン・・・
市民ケーン IMDb
セリフ・名言 1 市民ケーン

ケーン「バラのつぼみ・・・」

0:02:15頃 チャールズ・フォスター・ケーンの最期の言葉。巨大な屋敷ザナドゥ・・・のベッドで、スノードームを手に握りながら、この言葉をつぶやいて、ケーンはこの世を去る。「バラのつぼみ」とはいったい何のことなのか?その謎を解くために、ニュース映画の記者トンプソンは、ケーンの関係者に話を聞きに行くが、誰もはっきりとは知らない・・・
市民ケーン IMDb
セリフ・名言 2 市民ケーン

ケーン「君は散文詩を作れ。俺は戦争を作る」

0:25:00頃 新聞社経営に乗り出したケーンは、扇情的な記事を積極的に掲載する・・・など、手段を問わずに発行部数を伸ばしていく。時には事実のでっちあげも辞さないことが、このセリフから伝わってくる。ちなみに、このセリフは、ケーンのモデルとなった新聞王ウィリアム・ランドルフ・ハーストが、でっちあげの記事でアメリカの世論を米西戦・・・
市民ケーン IMDb
セリフ・名言 3 市民ケーン

ケーン「毎年100万ドルの割合で損失を出していくと、新聞社を潰さなければならないだろう・・・60年後に」

0:26:45頃 ケーンの新聞社経営について、かつてのケーンの後見人のサッチャー・・・がたしなめにくる。財政上の懸念を話すサッチャーに対するケーンの言葉。ケーンが自らのやりたいように新聞社経営ができる秘密が、ケーンの途方もな巨額の資産にあることが分かる。だが、残念ながら60年は持たない。大恐慌により、ケーンは新聞社の経営権を・・・
キーワード 1 市民ケーン

ザナドゥ

ザナドゥは、ケーンがフロリダに建設した巨大な屋敷。モンゴルの皇帝クビライの宮殿か・・・ら名前が取られている。敷地面積は49,000エーカー(サッカーグラウンド49,000個分相当)。湾岸の砂浜に人工の山を作り上げ、10万本の木と2万トンの大理石が使われている。ケーンの死の時点でもすべてが完成されていない。 ケーン(Kane・・・
キーワード 2 市民ケーン

ニュース映画

チャールズ・フォスター・ケーンの死は、ニュース映画で報じられる。ニュース映画では・・・、これまでのケーンの足跡が説明される。ケーンが建てた巨大な屋敷ザナドゥ、死後の葬儀の様子、ケーンの死を報じる新聞、新聞事業をはじめとした事業の拡大、ケーンに対する共産主義者であるという批判やファシストであるという批判、ヒットラーを含む世界の・・・
キーワード 3 市民ケーン

スーザンのレストラン

ケーンの2番目の妻であるスーザン・アレグザンダーは、レストランを経営している。店・・・名は「EL RANCHO」で、屋根の上のネオンサインには「スーザン・アレグザンダー・ケイン」の名前が掲げられており、ケーンの妻だったことを売り物にしていることが分かる。ケーンの死を聞いたスーザンは、酒を飲んで泣いている。・・・
新着コンテンツ